地域での知名度を上げるために行うべき施策とは

飲食店や美容室、接骨院など、お客さんに直接足を運んでもらうタイプの店舗を経営している場合は、そこに店舗があるということを知ってもらうことが重要です。もし、「このお店に行ってみようかな」と思ってもらえても、実際に現地に足を運んだ結果、どこに店があるのかわからなければ来店してもらえないことは言うまでもないことです。

そこで重要なのは地域における知名度を向上させることです。知名度といっても、単純に店舗名を推せばいいというわけではありません。むしろ重要なのはどのような店舗であるのか?というジャンルでしょう。たとえ店舗名は知られていなくとも、カットが上手な美容院である、おいしいトマトソースパスタのイタリア料理店であるなど、どのような強みを持っているかということが分かれば、自然と足を運んでもらえる確率が上昇します。

店舗の知名度を上げる方法はいくつかあります。どのような方法があるか、まずは確認してみましょう。

地域の知名度向上に寄与する代表的な手法

低いコストと工夫のしやすさが魅力 チラシ配布

チラシを配る女性

皆さんも普段の生活の中で、駅前でチラシを配布している人を見かけたことがあるでしょう。地域での知名度を高めるうえで効果的な施策の1つです。

チラシは1度に大量に印刷することで単価が低くなります。手が空いている従業員にチラシ配布を担当させれば、余計な人件費もかかりません。さらに、チラシ限定のクーポンをつけることでたまたま通りがかった人も「クーポンがあるなら行ってみようかな?」という気持ちを起こしやすくなります。

クーポンの内容を考えるときはつい、チラシを受け取った人を喜ばせようと考えてしまいがちですが、クーポンを持っていない人も損したと感じにくい、合計金額から50円引きや3%オフなど、少額割引がおすすめです。

現地の目印にもなる 看板

どのような場所に店舗を構えているにせよ、看板は重要です。看板は店舗の前に置き、どこに店舗があるかはっきりさせましょう。店舗にこだわっている場合、看板にもこだわってデザイン性の高いものにしたくなりがちですが、看板はあくまで目印であると考えましょう。あまりにもシンプルにしすぎる必要はありませんが、一目で店舗名や場所がわかるよう、読み取りやすい字や矢印などの補助を記載することがおすすめです。

予算やスペースに余裕があるなら、複数の看板を設置することも可能です。または季節に応じて看板の内容を変えてもよいでしょう。看板の内容を定期的に更新するようにすると、来店者も「今日の看板はこんなものでした」と写真に撮り、SNSにアップするため宣伝にもつながります。

時間とコストはかかるが効果的 MEO対策

スマホを見る男性

チラシや看板はすぐにでも思いつく方法ですが、MEO対策はいかがでしょうか。実際にどのようなことをやるのか、そもそもなにを対象にした対策をするのかさっぱりわからないという方も多いのではありませんか?

MEO対策とは、Googleマップを利用した集客の方法です。「久我山 整骨院」などと地名とサービスを検索窓に入れたときに、上位に表示してもらえるようにさまざまな工夫をすることを指します。対策業者も数多くあり、すぐに上位表示ができるほど簡単なものではありませんが、実際に上位表示された場合の効果が非常に大きい点が特徴です。

いま実施するならどの施策が有効か

国民の75%以上がスマートフォンを持っている現在、アナログな方法よりもインターネットを活用した方法で集客することが重要といえるでしょう。男女ともに40%以上の人がGoogleマップを近くの飲食店など店舗を探す用途で使っていることを考えると、店舗を構える場合MEO対策は必須になると考えられます。

MEO対策は業者を利用せずともできますが、より短時間で高い効果を得るためには、業者を頼ることが一番です。おすすめのMEO対策業者は、株式会社プロモストです。こちらは公式サイトでMEO対策のみならずGoogleマップそのものの小ネタや時事情報などを発信しているため、Googleマップを熟知していることがわかります。より効果的な施策をしてもらえることでしょう。

プロモストのMEO対策サービスGlumaの詳細はこちら:https://gluma.pro/

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA